ジュエリーをリフォームする時の平均相場はどれくらい

使わないアクセサリーを使える形に

最近、古いアクセサリーをリフォームするのがとても人気です。例えば、祖母や母親から受け継いだジュエリーは大切なものではあるけれど、今自分が使うにはデザインが古すぎるという場合もありますよね。自分自身の婚約指輪は、付けたいけれども使い勝手が今一つで、形を変えて身に付けたいという場合もあるでしょう。アクセサリーは、好みもあれば流行もあるので、デザインがしっくりこないとなかなか使いにくいものです。せっかく良い宝石や地金なのに、ずっとクローゼットの中にしまったままでは勿体なさすぎます。そんな時に、リフォームはとても良い選択になります。気に入ったデザインにすることで、ジュエリーも息を吹き返したようになるでしょう。

手ごろな値段でオリジナルのものが作れる

リフォームするメリットは、手ごろな値段で自分オリジナルのアクセサリーを手に入れられることです。何もないところから作るとすれば、それこそ何十万円からがスタートとなりますが、ベースがあれば大幅にコストを下げることが出来ます。指輪のデザイン替え、指輪をネックレスに、ネックレスを指輪にというように、様々なリフォームがありますので、値段は一概に言えません。平均相場としては、多くの人がだいたい10万円~20万円くらいの予算で、出来る範囲でデザイン替えを依頼するといった感じです。元になる宝石や地金の種類にもよるのでなんとも言えませんが、ほんの少しの手入れなら1万円程度で出来る場合もあるようです。フルオーダーメードの平均相場は安くても50万円からですから、平均相場だけで見ても5分の1くらいの予算で出来るのが魅力です。

余った部分は下取りに出すことも可能

例えば18金のブレスレットから2本の指輪を作った場合、長さからしても地金が余りますよね。そんな時、余った地金を下取りとして引き取ってくれるショップも多いです。もし加工料金が12万円だったとしても、下取りしてもらった地金代が2万円になれば、かかる金額は10万円になります。多いのは、ネックレスと指輪を持ち込んで1本のネックレスに仕立てたり、ピアスを持ち込んで指輪に仕立てたりするケースです。その場合、宝石も余ることになる場合も多いので、それを費用に充てることが出来るわけですね。使わないものが数点あるなら、それらを組み合わせて1つの素敵なアクセサリーにすることも考えてみてはいかがでしょうか。反対に、少しだけ地金を追加して、理想通りのジュエリーを作り出すことも可能です。